経済学部

学部長挨拶

新宮学部長

経済学部長/経済学修士
新宮 晋 (しんぐう しん)
 

経済学部を志望するみなさんへ

 経済学や経営学は私たちが生きるための基本的な条件について考える、究極的に身近な学問です。例えば私達は、労働を提供することで所得を得、それでものを買い消費して生きています。これについて、雇用はどのように確保され所得水準はどう決まるか、所得の支出は社会にどんな影響を及ぼすか、ものの価格はどのように決まるか、などはいずれも経済学の視点から見えてきます。他方、企業の中でどのようにして資金を調達し生産し所得をうみだすか、人にどのように働いてもらうか、価格をどのように設定するか、などはいずれも経営学の視点から理解することになります。しかも雇用や所得・価格などはしばしば様々な要因で変動します。経済政策や企業の戦略はこれらへの対応でもあり、それを考えるのも経済学や経営学です。
 経済・経営へのアプローチには様々なものがあります。数理的な体系をもつ分析道具を用いる、社会的・歴史的な事実や制度・慣行についての知識を使う、過去及び現在の現実について統計を駆使する、法律や政治哲学、社会学、心理学や行動科学など他分野の研究成果を借りる、などです。
 私達は、こうした多種多様な方法を学びながら、知りたいことにアプローチしていく好奇心あふれる学生を歓迎します。好奇心旺盛な教育スタッフが、少人数教育のメリットを最大限いかしながら学生一人ひとりの個性を伸ばす用意と体制を整えて、あなた達を待っています。

経済学部の特徴

1 個性豊かな教員が少人数教育で

 少人数教育のメリットを最大限いかし、きめの細かい指導をします。一般教育から専門教育まで連続して少人数教育科目を配置しており、専攻分野も経歴も個性もさまざまな教員が在籍。自分の興味や好奇心を満たし個性を伸ばしてくれる教員が見つかるはず。

2 様々な教授法を工夫して多彩な教育を

 講義や演習という基本的なフォーマットの中で、双方向性の強い学修機会を提供します。いわゆるアクティブ・ラーニングといわれるものですが、議論参加型の講義、フィールドワークやプレゼンテーション、実験など、あなたを巻き込む授業をたくさん用意。

3 学科の垣根を越えた総合的な学修を

 学生の募集は学科ごとですがカリキュラムは相互乗り入れしており、両学科の科目を学ぶことができます。互いに依存しあっているはずの経済と経営をその本来の姿において総合的にとらえるために、特定の分野に閉じこもらない多様な観点の獲得を目指します。



経済学科のページへ

経営学科のページへ
 

卒業生voice

小崎明日香さん

小崎 明日香 さん
勤務先/株式会社エイチアンドエフ
2017年度卒

辛い時も恩師や仲間と乗り越え培った思考力と実行力が私の武器

 私は現在、自動車メーカー向けのプレス機械を製造する会社の営業部で事務を担当しています。お客様の7割は海外で、海外出張の多い営業マンに代わって、見積書の作成、海外出張のためのビザや各種チケットの取得・決裁申請などを主に行っています。また輸出する際の関税を免税にしたり、銀行や商工会議所での手続きなど、繁雑な貿易業務も担当しています。文書も英語で大変ですが、自分の働きかけによって仕事が円滑に進んだ時はやりがいを感じます。まだまだ勉強中ですが、貿易の専門家になれるよう日々奮闘中です。
 私の仕事はいわゆる営業事務ですが、大学時代に卒論で鍛えた「単に文章を書くのではなく、何をどう伝えるべきか」という思考力が生きていると所々で感じています。卒論時は取材する会社へのアポ取りなども自分で行い、計画を立てて着実に進めていく実行力が身につき、今もとても役立っています。私の論文は、今の学生さんのお手本として使われているようで、とても嬉しいです。もちろん辛いこと・大変なこともありましたが、どんな質問にも親身に応えてくださった先生方や一緒に学んだ仲間達のおかげで乗り越えられました。
 大学では、高校時代よりも自分の裁量でできることが増えて自由な時間も多くなりますが、勉強時間だけでなく、ぜひ自己研鑽の時間を作ってください。社会人になって役立つことがきっとすごく多いですよ!

Profile

福井県出身。卒論テーマは「中小企業の原価管理について」。福井で世界を相手にビジネスするところに憧れ、株式会社エイチアンドエフに入社。現在は主に営業事務を担当。休日は大学時代の友人と会ってリフレッシュ!

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp