経済学部 - 経営学科

学科長からのメッセージ

北島学科長

経営学科長/博士(総合政策)
北島 啓嗣 (きたじま ひろつぐ)

現場で考える教育研究

 経営学科は、企業経営について基礎的な理論から応用、簿記・会計、情報分野まで幅広く段階的に学ぶことができる体系となっています。中には、福井の企業等を訪問・調査し、理論を踏まえて、現場で起こっている現実を学び、課題の解決策を考えるなどフィールドワークを行う講義や演習もあります。多様なバックボーンを持つ教員のもとで経営学の知識と地域社会や企業経営を分析し実践する能力を身につけていきましょう。
 

学びのポイント

企業経営に関わる多様な学問を学ぶ

経営学の基礎理論をはじめ、経営戦略論、会計学・簿記原理、生産管理、マーケティング、情報システムなど多彩な領域を体系的に学びます。

個性豊かな教員がいっぱい

多彩な教育は、教員の個性に富んだ研究に根ざしています。実務家、コンサルティング経験など、大学の枠を超えた豊富な経験を持つ教員が多数在籍。きっと、自分の個性を伸ばしてくれる教員が見つかります。

経営学と経済学を総合的に学ぶ

ミクロ・マクロ経済学など経済学科との共通履修科目を用意し、社会経済を捉えながら経営を学べます。両学科の垣根を越えて学ぶことで、知識の幅が広がります。
 

カリキュラム

経営学科カリキュラム
(新しいウィンドウが開きます)
 

PICK UP CLASS

基本を大切にして学ぶ力を身につけよう!

簿記論I
山下 知晃 准教授

「この会社って儲かっているの?」、「うちの会社の経営って大丈夫?」など、簿記・会計の知識は、会社の経営を理解するために欠かせないものです。「簿記論I」では、会社の通信簿である財務諸表を作成する基本的な仕組みについて講義しています。でも、基本=簡単、ではありません!基本こそ学ぶ力の土台となるもの。講義では基本を重視しながら、会計学など、上級科目への橋渡しを目指しています。

簿記論Ⅰ

財政と税務を実務家のリレー講義で学ぶ

会計学Ⅱ
徳前 元信 教授

現実感をもって専門科目を学ぶために、現場の最前線で活躍する実務家をゲスト・スピーカーに招いた特別講義を毎年開催します。2020年度は北陸財務局・福井財務事務所の所長と、金沢国税局・福井税務署長のリレー講義でした。我が国の財政の状況と、くらしを支える税、とくに会社員にかかわる税金の話を講義してもらいました。将来の進路として、公務員である財務専門官や国税専門官の仕事や試験についても説明してもらいました。

マーケティングの概念を「使える」ようにする

演習Ⅰ北島ゼミ(マーケティング)
北島 啓嗣 教授

大学で学ぶことは、世の中の出来事と別に存在するわけではありません。大学での学びは単なる知識として、記憶される存在ではなく、使って実践すべきものです。また、現場から学ぶこともあり得ます。北島ゼミでは、教科書の精読の後、それを使う、使える練習のためにフィールドに飛び出します。今年の3年生は福井の伝統産業の活性化のために、チームでの研究を進めています。理論と実践の両輪が大学での学びです。
 

在学生の声

県大だからこそ得られる出会い その巡り合わせを楽しもう

奥村さん

奥村 日奈多 さん (福井県立福井商業高等学校 出身)

 高校の時に学んでいて楽しかった商業科目をさらに深く学びたいと思い、また地元での就職を希望していたので、県大に進学しました。経済学部には2学科ありますが、学科関係なく受講できる授業もあり、自分が楽しい!と感じた分野をさらに深めていけます。
 ゼミでは、福井県内企業の働き方や人材育成などについて、企業の人事部の方へのヒアリング調査を通して学んでいます。コロナ禍でオンライン調査となりましたが、企業の方とのやりとりの中で、言葉遣いやマナーなどの基礎的なふるまいを学びました。また、様々な企業を通して働き方の多様性を知り、就職活動において企業を見る視点が広がったと感じます。
 県大は、多くの素敵な人とより近い距離で関わることができるのが魅力です。同級生や先輩後輩、先生方だけでなく、企業や地域の方と交流する機会もあります。高校と違い自由な時間が多いので、自ら積極的に行動すればその分素晴らしい経験ができます。4年間、色んな人との巡り合わせを楽しみながら、失敗を恐れずに様々な挑戦をして欲しいなと思います。
 

就職データ

経営学科で取得可能な資格・免許状はこちら

就職データはこちら

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp