看護福祉学研究科

看護と社会福祉の高い専門性と倫理観を兼ね備えた人材育成

看護福祉学研究科長/博士(医学)  米田 誠

 本研究科は、看護学専攻と社会福祉学専攻からなり、医療・看護学から社会福祉学までの幅広い領域を扱います。両専攻が共に学べる共通科目を置くとともに、それぞれの専門科目も学修できるようにボーダーレスなカリキュラムを組んでいます。研究において必要な専門知識、方法論、論理的思考や生命倫理を指導します。これによって、将来の研究者・教育者・高度専門職を担うリーダーとなりうる人材を育成したいと思います。

研究内容

看護学専攻(修士課程)

 家族あるいは地域住民の健康や病気、その人らしく生活するための支援に関する研究をしています。さらに看護学教育、看護管理、看護実践のアセスメントといった、看護専門職の活動内容に関する研究も行っています。研究方法は、実験的、疫学的、社会心理学的アプローチなど種々の方法を用いています。

社会福祉学専攻(修士課程)

 地域福祉、高齢者福祉、介護予防、精神保健福祉、障害者福祉、労働福祉、福祉環境などを切り口に、福祉における様々な領域を研究対象としています。それら研究領域の課題に対し、ケースワークやグループワークなどの援助技術、社会政策、あるいは社会調査という視点や手法を加えたアプローチにより研究を進めています。福祉現場での業務経験が豊富な社会人学生においては、その経験の蓄積を理論化していく実践的な研究も行われています。

院生の声

和田奈々さん

 看護学専攻  和田 奈々 さん

 看護師として働く中で、何気ない看護実践や患者様の反応に、疑問や不安を抱くことがあり、入学を決意しました。大学院では、専攻している母子看護学領域だけでなく、他領域からの学びもあり、広い視野を持って看護を学び直すことができるため、仕事と勉強の両立の大変さを感じながらも、刺激的で有意義な院生生活を送っています。今後は、障がいや病気と闘うお子様とそのご家族に何か還元できたらと思い、研究を進めています。

長期履修制度

職業を有している等の事情により、2年(後期課程は3年)では履修が困難な場合、2年(同3年)分の授業料で3年または4年(同4年、5年または6年)かけて履修することができます。

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp