特別企画講座「県民先生シリーズ」の第3回講座を開講しました


2018年11月30日 地域連携本部 , オープン・ユニバーシティ , お知らせ , 地域の方 , 企業・研究者の方 , 在学生の方

 本学地域連携本部では、子どもから大人まで、幅広い県民の学びを支える「公開講座」を開講しています。

 公開講座では、後期からの特別企画として「県民先生シリーズ」(全4回)を開講していますが、11月28日(水曜日)、
元丸岡高校校長の小谷 正典さんを講師にお招きし、第3回講座「大正期における福井市内の環状電気鉄道計画」を、
実際計画の中心部であった福井駅前にある「アオッサ」で開講しました。

 小谷さんは元々、地域と鉄道との関わりについて独自に研究を進められていましたが、丸岡高校で校長を務められた
後、本学の大学院 経済・経営学研究科に入学され、「日本における近代的鉄道政策の形成過程」の研究で今年3月、
71歳で博士号を取得されています。

 講座では、当時物流の要であった三国港が福井の鉄道の中心であったこと、特に大正期は、様々な私鉄の敷設計画
とそれぞれの地域の思惑が絡んだ激動の時代であったことなど、歴史的背景にも触れながら講義をいただきました。
大正期に福井駅や県庁の周りを囲むように計画された環状線の敷設計画について、受講者は現在のアオッサ周辺の姿
と照らし合わせながら、各々イメージを膨らませていました。

 「県民先生シリーズ」の最終回、第4回は12月8日(土曜日)、永平寺キャンパス地域経済研究所において、「農業の
わくわくを伝えたい!」と題して、カメハメハ大農場の農家カフェ 代表の藤井 和代さんに講義をいただきます。

 次回も多くの皆様の受講をお待ちしています。

 最終回の概要・お申込みはこちら

 001 002

Contact このページのお問い合わせ先

交流・研究支援部 連携・研究推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kenkyu@fpu.ac.jp