「福井県立大学オープン・ユニバーシティ」

 福井県立大学では、建学の理念である「魅力ある大学」、「個性ある大学」、「開かれた大学」を具体化するとともに、公立の大学として県民からの要請に応えるために、「福井県立大学オープン・ユニバーシティ」を掲げ、福井の持続可能性を支える大学を目指し次の3つの柱を基本に取り組んでいます。

県民のにわ

 本学のキャンパスを学生にはもちろん、県民の方々にも広く開放し、県民が集い交流できる、楽しく創造的な活動拠点とします。「県大レストラン」では、明るい雰囲気で楽しく食事をしながら県民同士が交流する。大学構内には桜を植樹し、春には桜の名所として人々が集う。県大キャンパスを、そんな「県民のにわ」にしたいと思っています。

県民の学び

 生涯学習時代の各ライフステージに応じた「県民の学び」を、公立大学としてサポートします。県民向けの公開講座では、図書館ロビーでコーヒーを楽しみながら気軽に学べる「ライブラリーカフェ」や県内で活躍する企業の社長から学ぶ講座など、多様な講座を用意。その他にも、地域の方が学生と同じ授業を受講できる「聴講生」制度など、子どもから大人まで、気軽に立ち寄り学べる場づくりに力を入れています。

県民・地域とのつながり

 「県民・地域とのつながり」を大切にし、県内外のあらゆる自治体や企業・団体、それらに属する様々な人々とのネットワークを強化していきます。2017年6月には、地域からの相談を受け付け、大学と地域とをつなぐ「地域連携本部」を開設。教育分野・研究分野を問わず、県民の幅広いニーズに応えることができる大学を目指します。

 

「福井県立大学オープン・ユニバーシティ構想」の発表(平成28年10月17日発表)

 

関連トピックス

 

県大レストラン情報
 

  永平寺キャンパスのメニュー


 

ワールドカフェ(World Café)

永平寺キャンパスのワールドカフェは、外国人インストラクターや留学生と気軽に英会話や異文化交流を楽しめる空間です。七夕やハロウィン、クリスマスなど、定期的にイベントも開催しています。

附属図書館

附属図書館では、飲み物を飲みながら気軽に県大の先生方のお話を聞くことができる「県大ライブラリーカフェ」を開催しています。

公開講座(オープン・カレッジ)