永平寺町学の受講生が志比北幼児園の節分イベントに参加しました


2019年2月1日 地域連携本部 , オープン・ユニバーシティ , お知らせ , 地域の方 , 在学生の方

 本学では、包括的連携協定を締結している永平寺町と連携し、平成29年度より同町をフィールドに地域を学ぶ「行って・見て・聞いて・考える永平寺町学」を開講しています。


 今期最後の授業となった1月23日(水曜日)には、今回学んだ4つのテーマ(九頭竜川とサクラマス、アラレガコ等をテーマにした「自然」、志比北地区をモデルにした「まちづくり」、れんげの里での直販等、JAの取組みに関する「農業」、世界の名だたるブランドにも生地を提供している繊維企業から学ぶ「産業」の4テーマ)について、地域の方々や永平寺町役場の職員を前に、授業での学びと自分たちが考える永平寺町の活性化策について発表する学生発表会を開催したところですが、まちづくりの回で講師を務めていただきました志比北地区振興連絡協議会の川崎会長からの呼び掛けを受け、本日2月1日(金曜日)、永平寺町学の受講生5人がフィールドワークでも交流した志比北幼児園を訪問し、節分の豆まきイベントに参加しました。
 ★学生発表会の様子はこちら
 

 イベントでは学生による節分をテーマにした紙芝居の読み聞かせや幼児園の子ども達によるお遊戯が披露され、その後、2人の学生が鬼のお面と衣装を付けて登場。豆まきがはじまると、鬼の顔を見て泣き出してしまう子ども達もいましたが、みんな一生懸命走り回りながら、鬼に向かって「鬼はそと」と声を上げながら豆を投げつけていました。

 参加した学生にとっても、普段の学生生活ではなかなか経験できない、地域の子どもたちと交流する貴重な機会となったようでした。

001   002

Contact このページのお問い合わせ先

交流・研究支援部 連携・研究推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kenkyu@fpu.ac.jp