あわら市と包括的な連携に関する協定を締結しました

 本学では地域連携本部を中心に、企業・団体・行政や県民など、地域の様々な分野と連携した取組みを進めています。


 本学は2020年4月、生物資源学部において新学科「創造農学科」を設置します。その拠点となるあわらキャンパスの開設にあたり、あわら市と包括的な連携に関する協定を締結する運びとなり、12月9日(月曜日)、あわら市役所にて協定締結式を開催しました。本学が自治体と包括的連携協定を締結するのは、キャンパスが立地する永平寺町、小浜市に続いて3例目になります。


 今回の協定では、あわら温泉をはじめとする魅力的な観光地や農産園芸が盛んな北部丘陵地が広がるあわら市において、地域と連携した教育・研究活動を推進するとともに、地域社会の活性化に寄与することを目的に、「産業の振興と地域の活性化」、「地域振興を担う人材育成」、「地域の農産園芸振興のための教育・研究の推進および農業分野におけるネットワーク構築」、「自然環境の保護・保全活動の推進」など、幅広い分野で相互に協力・連携を図ることとしています。



 今後は協定に基づき、創造農学科の学生による農家での農業実習や北陸新幹線開業を見据えたあわら温泉の魅力発信を考えるフィールドワーク、農業分野での課題解決に向けた協働プロジェクトなど、具体的な取組みを進めていきます。また、あわら市には学生の住まいや住民との交流など、キャンパスライフをサポートいただく予定です。



 協定締結式で進士学長は「新時代の大学教育のモデルを、ここあわら市で実現したい」と語り、佐々木市長も「新たにできる新幹線の駅舎で学生が自分で作った農作物を販売するなど、どんどん地域に出できて欲しい」と呼び掛けるなど、連携による相乗効果に期待を寄せていました。


 協定書はこちら



 002  001

Contact このページのお問い合わせ先

交流・研究支援部 連携・研究推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kenkyu@fpu.ac.jp