海洋生物資源学部

学部長挨拶

横山学部長

海洋生物資源学部長/博士(農学)
横山 芳博 (よこやま よしひろ)

海洋や水生生物の様々な謎に挑む!

 栄養豊富な水産物(海洋生物資源)は世界的にも人気があり、世界中で様々な水産物に対する漁獲圧が高まっています。人間の活動に伴って、海洋環境が変化もしているようです。それらの結果、魚介類は減少傾向にあると考えられています。今後も海洋生物資源を持続可能なレベルで利用するためには、その再生産の場である海洋環境を正確に理解する必要があります。また、再生産の特性を含めて海洋生物そのものを深く知ることも重要です。
 しかし、海水温や潮流の変動理由など、身近な海洋環境に関しても謎が多くあります。海の生物に関しても、よく知られた魚でも生態が不明のものは多く、未発見の海洋生物も多くいると考えられています。資源量が多くても有効な利用方法が分からない生物もいます。海洋生物資源に関する謎を解き明かすのはとても楽しいことです。ぜひ一緒にこれらの謎解きに取組みましょう。
 また、今、私たちは「持続可能な水産増養殖のリーダーを育成する新学科」の創設を計画しています。そこでは、ゲノム科学に基づく付加価値の高い魚種の導入やAI・IoT技術の活用、環境保全型の養殖など、豊かな小浜湾をフィールドに思いきり増養殖を学ぶことができます。こちらもお見逃しなく。
 

海洋生物資源学部では

若狭湾に面した小浜キャンパスを拠点とする、日本海側唯一の水産・海洋系の学部です。海洋生物資源の持続的な利用を目指して、海の生態系における多様な生物と環境因子との関係や生物生産の仕組み、さらに「食」を中心とした海洋生物資源の利用加工やそれらの消費流通過程に関する教育・研究に取組んでいます。
 

5つの教育研究領域


海洋生物資源学科のページへ
 

<RESEARCH PICK UP!> 海洋生物工学研究室
末武教授と杉浦さん

(左)末武 弘章 教授 (海洋生物工学研究室)

(右)杉浦 羅央 さん (京都府立北嵯峨高等学校 出身)

安心安全な養殖技術を目指し、魚類の免疫システムの解明に挑む!

末武
近年、本県では「ふくいサーモン」や「小浜よっぱらいサバ」など養殖による新しい地域ブランド魚が誕生し、2022年には、本学部に水産増養殖学科(仮称)の新設が予定されてい
ます。魚の養殖は世界的な成長産業の一つになっていますが、その中で大きな課題となっているのが感染症対策です。

杉浦
養殖場は海と違って、人口密度ならぬ魚密度が高い環境なので、感染症が広がりやすいということですね。

末武
そう、病気対策が重要なのです。これまでは薬による治療が中心でしたが、薬に強い病原菌が出る懸念があることなどから、今では治療から予防への転換が進んできています。

杉浦
予防に有効なのがワクチンで、ワクチンを打つことで免疫を活性化できれば、感染症を予防できるということですね。

末武
その通りです。しかし今のところ、ワクチンが魚の体内にどのように取り込まれ、免疫が活性化されるのかよくわかっていないのです。それが解明できれば、世界中の養殖現場で感
染症予防が可能になるだろうと考えています。そこで、魚類特有の免疫に関わる遺伝子や細胞を特定し、その機能やシステムを明らかにする研究を続けていますが、その研究に杉浦君
も加わってくれました。

杉浦
僕は、先生が10年以上続けておられる研究のスタートラインに立ったばかりですが、遺伝子レベルの研究として、ゲノム編集にもトライします。受精卵の段階で遺伝子を改変した魚を育て、その臓器や細胞の変化を、改変していない魚と比べることで、免疫においてどの遺伝子がどのような役割を担っているかを明らかにしていきます。

末武
その準備として、今は、ゲノム編集した魚を飼育して、編集していない魚と区別する練習をしているところですね。

杉浦
はい、ゼブラフィッシュを飼って練習しています。その皮膚などの粘液を取って遺伝子を確認しますが、採取できるのはある程度成長してからです。また、遺伝子改変した結果、どんな遺伝子に影響が出るかを調べるために次世代シーケンサーで発現解析をしますが、データが膨大ですよね。

末武
データのコンピュータ解析は慣れないうちは骨が折れる作業になりますね。他にもいろいろ大変なことが起こると思いますが、杉浦君ならガッツで乗り越えてくれますね。

杉浦
ありがとうございます。とにかく目の前で起こっていることをしっかり把握して、一つひとつこなしていきます。

研究室風景
 

海洋生物工学研究室

魚類が生息しやすい環境について生理生態の面から調査するとともに、病気に強い魚を作り出すために、バイオテクノロジーを活用した実験を重ね、養殖技術開発のための総合的研究を行っています。

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp