看護福祉学研究科

看護と社会福祉のボーダーレスな学修と研究

看護福祉学研究科長/博士(医学) 米田 誠

 本研究科は、看護学専攻と社会福祉学専攻からなり、医療・看護学から社会福祉学までの幅広い領域を対象として扱います。両専攻が共に学べる共通科目を置くとともに、それぞれの専門科目も学修できるようにボーダーレスなカリキュラムを組んでいます。研究において必要な高度な専門知識、方法論、論理的思考や生命倫理を指導します。これにより、将来の研究者・教育者・高度専門職を担うリーダーとなる人材を育成します。

研究内容

看護学専攻(修士課程)

家族あるいは地域住民の健康や病気、その人らしく生活するための支援に関する研究をしています。さらに看護学教育、看護管理、看護実践のアセスメントといった、看護専門職の活動内容に関する研究も行っています。研究方法は、実験的、疫学的、社会心理学的アプローチなど種々の方法を用いています。

社会福祉学専攻(修士課程)

地域福祉、高齢者福祉、精神保健福祉、障害者福祉、福祉環境などを切り口に、福祉における様々な領域を研究対象としています。それら研究領域の課題に対し、ケースワークやグループ・ワークなどの援助技術、社会政策、あるいは社会調査という視点や手法を加えたアプローチにより研究を進めています。福祉現場での業務経験が豊富な社会人学生においては、その経験の蓄積を理論化していく実践的な研究も行われています。
 

修了生の声

坂口さん

坂口 大介 さん (看護学専攻、看護師)

医療の高度化、要望の多様化に、看護師として対応するために

 医療の高度化や患者の要望の多様化に対応するため看護業務の一環として、PNSの看護提供方式が多くの病院で開始され、あらゆる看護師がPNSで新人教育をするようになっています。PNSでは、パートナーを組むことにより看護師間で濃密な人間関係を要していることからバーンアウトに陥りやすい傾向があると考え、この研究を始めました。量的記述的研究によって、教育的役割を遂行することがバーンアウトの予防につながる可能性があることが示唆されました。また、新人教育の経験のない看護師のバーンアウトを予防するためには、フレッシュパートナーの経験を積ませることの必要性が示唆されています。
 PNSという看護提供方式の中で新人教育に関わる看護師に対しての支援や、PNSにおける新人教育の発展に活かせることができると考えています。
 

長期履修制度

職業を有している等の事情により、2年(後期課程は3年)では履修が困難な場合、2年(同3年)分の授業料で3年または4年(同4年、5年または6年)かけて履修することができます。

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp