Search教員情報検索
教員名、研究内容等でキーワード検索できます。

三浦 孝太郎みうら こうたろう

プロフィール

教員画像

生年月日 1981年3月23日
所属 生物資源学部 / 生物資源学科生物資源学研究科
職名 准教授
研究室 生物資源開発研究センター 研究員室3号室 (内線 0776-77-1443)
E-mail miura-k (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
ウェブサイト http://www.fpu.ac.jp/biotech/kenkyu/riceteam.html
最終学歴 名古屋大学大学院生命農学研究科博士課程
所属学会 日本育種学会
日本植物生理学会
職歴 2008~2010 名古屋大学 研究機関研究員
2010~2011福井県立大学 生物資源学部 助教
2011~ 現職
2012~2013 名古屋大学生物機能開発利用研究センター・客員准教授

研究活動

専門 植物分子育種学
研究活動の紹介 イネの収量性向上を目指して研究を行っています。イネの収量性は、1粒のお米の大きさ、1穂にできるお米の数、1株にできる穂の数など様々な構成要素で成り立っています。そこで、この構成要素それぞれを制御する遺伝子を突き止め、分子メカニズムを明らかにすることでこれからの育種に役立てていきたいと考えています。現在は、特に種子の大きさを決定する遺伝子と、穂の枝分かれを制御する遺伝子の解析を重点的に行っています。
キーワード イネ 収量性 分子育種 分子遺伝学

主な著書・論文

Rare allele of a previously unidentified histone H4 acetyltransferase enhances grain weight, yield, and plant biomass in rice.
Song XJ., Kuroha T., Ayano M., Furuta T., Nagai K., Komeda N., Segami S., Miura K., Ogawa D., Kamura T., Suzuki T., Higashiyama T., Yamasaki M., Mori H., Inukai Y., Wu J., Kitano H., Sakakibara H., Jacobsen SE., Ashikari M.
Proc. Natl. Acad. Sci. USA.112,76-81 (2015)

OsLG1regulates a closed panicle trait in domesticated rice.
Ishii T., Numaguchi K., Miura K., Yoshida K., Thanh P.T., Htun T.M., Yamasaki M., Komeda N., Matsumoto T., Terauchi R., Ishikawa R., Ashikari M.
Nature Genet.45 339-465 (2013)

Control of Tiller Growth of Rice by OsSPL14and Strigolactones, which Work in Two Independent Pathways.Luo L., Li W., Miura K., Ashikari M., Kyozuka J.
Plant Cell Physiol.53 1793-1801 (2012)

Small and round seed 5gene encodes alpha-tubulin regulating seed cell elongation in rice.
Segami S., Kono I., Ando T., Yano M., Kitano H., Miura K*., Iwasaki Y*.
Rice.5,4 (2012) * Corresponding author

Artificial selection for a green revolution gene during japonica rice domestication.
Asano K., Yamasaki M., Takuno S., Miura K., Katagiri S., Ito T., Doi K., Wu J., Ebana K., Matsumoto T., Innan J., Kitano H., Ashikari M., Matsuoka M.
Proc. Natl. Acad. Sci. USA.108 11034-9. (2011)

Detection of QTLs for grain length from large grain rice (Oryza sativa L.)
Kato T., Segami S., Toriyama M., Kono I., Ando T., Yano M., Kitano H., Miura K., Iwasaki Y.
Breeding Science.61, 269-274 (2011)

The role of QTLs in the breeding of high-yielding rice.
Miura K., Ashikari, M., Matsuoka, M.
Trends in Plant Science.16, 319-26. (2011)

OsSPL14 promotes panicle branching and higher grain productivity in rice.
Miura, K., Ikeda, M., Matsubara, A., Song, X-J., Ito, M., Asano, K., Matsuoka, M. Kitano, H., and Ashikari, M.
Nat Genet.42, 545-549. (2010)

A metastable DWARF1 epigenetic mutant affecting plant stature in rice.
Miura, K., Agetsuma, M., Kitano, H., Yoshimura, A., Matsuoka, M., Jacobsen, S. E., and Ashikari, M.
Proc. Natl. Acad. Sci. USA.106, (27) 11218-11223. (2009)

パラミューテーション
三浦 孝太郎, 芦苅 基行
細胞工学 別冊 植物細胞工学シリーズ24 植物のエピジェネティクス.136-143. (2008)

主な社会・地域活動

教育活動

担当科目 分子育種学, 生物生産実習, 福井を学ぶ
オフィスアワー
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど イネの分子育種

その他

学位:農学博士(名古屋大学2008)
受賞:日本育種学会優秀発表賞(2010年度秋季大会)
日本育種学会優秀発表賞(2009年度春季大会)
日本育種学会論文賞(2008)