海洋生物学研究室

ああああああああ!

研究室の教員と主要担当科目

准教授 吉川伸哉

・ 褐藻の形態形成と光に関する研究
・ ラン藻の高分子多糖重合・放出に機構に関する研究
・ パルマ藻の珪酸質の細胞壁形成に関する研究

准教授 佐藤晋也

・ 珪藻進化に関する研究
・ 珪藻およびパルマ藻のゲノム解析

助教   山田和正

・ピコ藻類の増殖・生残戦略に関する研究
・パルマ藻の細胞内微細構造に関する研究
  

MESSAGE

「藻類」というと何を思い浮かべますか?海苔や昆布などの「海藻」も藻類ですが、珪藻やクロレラなどの「プランクトン」も藻類です。核を持っていなかったり、アメーバ運動をする藻類もいます。藻類とは、水中を生活の場に光合成を行う(炭酸ガスを固定して有機物と酸素を作り出す)植物のことです。餌として、住みかとして、あるいは産卵場所として、海や川などに生育する生物の生活を支えているだけでなく、地球規模の炭素・窒素・硫黄・ヨウ素循環においても大きな役割を担っていることが近年分かってきました。
藻類は形や色も多彩ですが、物質代謝、生理特性、生活史、細胞動態なども実にユニークで多種多様です。海洋生物学研究室では、そのような藻類を生理・生態・分子生物・生化学・系統進化など様々な面から解析することで、藻類の生き方を理解するための基礎知見を積み上げるとともに、資源としての藻類の利用に少しでも貢献できるように努めています。