生物資源学部 - 創造農学科

2020年4月から生物資源学部に創造農学科を開設します。
あわら全景

新着情報

 8月4日 日曜日 永平寺キャンパス(全学)

 8月17日 土曜日 あわらキャンパス(創造農学科)

にてオープンキャンパスを開催しました。詳しくはこちら

創造農学科の特徴

農のゼネラリスト

自然環境と調和を保ち安全安心な食を育む「農」には、県民の食の安全を担保し、県土の基盤である自然環境の保全と農業農村の持続的発展を担う重要な役割があります。
一方、本県において人口減少・少子高齢化と農村離れが進む中、新品種の開発、IoTやAI等ハイテクの導入、交流型アグリビジネス、生きがい健康づくりの創造など「農業新時代の創出」とそのためのリーダー人材育成が求められています。
このため、農業生産技術から農業農村のマネジメント、環境保全まで「農」を幅広く学べる新学科を設置し、食・農・環境について創造的かつ実践的な経営を体得し、地域を元気にできる起業家精神を備えた「農」のゼネラリストになるための教育を目指します。

ドローン操縦 Iotを利用したハウス開閉 キャベツ収穫体験

実習に適したキャンパス

福井県を代表する園芸産地である「坂井北部丘陵地」にある「生物資源開発研究センター」をメインキャンパスと位置づけ、「教室」と「実習圃場」と「農産物の産地」が近在することで、「農」と密接なかかわりを持つ環境で学ぶことができます。
また、実習圃場も充実しており、様々な作物を自由に栽培することができます。

区分 面積
水田 1.1ha
園芸用畑 1.1ha
園芸用ハウス

0.2ha

充実した教師陣

専任教員はもちろんのこと、県の農業試験場などの公的な試験研究機関、農業法人、食・農・環境に関連した民間企業から実践者や研究者を講師として招き、地域性の高い課題からグローバルな課題まで幅広い実践教育を行います。

創造農学科のカリキュラム(予定)

カリキュラム

あわらキャンパスのアクセスマップ

アクセスマップ

Contact このページのお問い合わせ先

経営企画部 経営戦略課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6011
E-mail : so-kikaku@fpu.ac.jp