生物資源学部 - 生物資源学科

学科長からのメッセージ

片野学科長

生物資源学科長/博士(理学)
片野 肇  (かたの はじめ)
 

生物資源の持続可能な利用を学び、未来に貢献する

 食物連鎖を考えれば全ての生物は太陽のエネルギーにより生かされており、生物資源は持続的に利用できると見なせます。よって、この分野の学問は未来の暮らしを豊かにする上でも重要であり、本学科は“化学と生物を基礎として生物資源の利用について広く学ぶところ”といえます。その対象は、植物はもちろん、微生物、酵素、これらが作る有用物質も含まれ、医薬品や食品機能成分、農業資材、工業用薬剤に関しても実験技術を学びます。すなわち、様々な製造業で活躍するのに役立つ知識・技術を修得できるわけであり、実際、内定率が高いだけでなく、農学系学部としては製造業に就く割合が極めて高いことも本学科の特徴です。皆さん、未来の暮らしに寄与するためにここで学びませんか。

生物資源学科の特徴

多彩な教員による少人数教育

 教員1名あたりの学生数が約2名の少人数教育により、密度の高い研究指導を受けることができます。研究領域も応用生化学、分子機能科学、分子生物学、植物資源学と広く、各自の興味に合ったテーマで卒業研究が行えます。

最新の装置および充実した実験施設

 質量分析装置や遺伝子解析装置といった最新の実験装置を有し、圃場、動物実験・大量培養施設を活用して研究・教育を行っています。また、産官学連携拠点としてバイオインキュベーションセンターも有しています。

研究成果の発信を通じた深い学び

 化学・生物の基礎・応用研究を推進し、世界に向けて研究成果を発信しています。学生の学会発表にも力を入れ、彼らが発表賞などを受賞することも少なくありません。こうした機会は大学生活をより充実させるものとなります。

生物資源学科のカリキュラム

生物資源学科カリキュラム(新しいウィンドウが開きます)

 

在学生インタビュー

在学生・石垣翔太朗さん

石垣 翔太朗 さん
藤枝明誠高等学校(静岡県)出身

諦めずに好きな事を突き詰めることが将来の大きな可能性に繋がります

 私は小さい頃から昆虫が好きで、そこから害虫や植物病理といったことにも興味を持ち始めました。幼い頃からの興味が大学選びにも影響していますね。また、尊敬する科学者、高峰譲吉が北陸出身ということもあり、北陸地方にも興味があって、植物病理を学べる県大を選びました。
 「植物病理学」という授業では、人だけでなく植物にも免疫があることに衝撃を受けました。植物は決して無力な存在ではなく、病気に対応する力があるんです。今は植物病理学の研究室に所属しているので、より研究を深めていきたいですね。将来的には教職に就くことを考えているのですが、大学院進学も目指しているので、研究しながら教職者が出来れば幸せだなあと思っています。
 県大に入って強く感じたのは「個性」ですね。福井らしさのある恐竜学や、大学院に新しくできた古生物学なんかは面白いなあと思います。先生も授業も他大学にはないものが多くあって、それこそが一番の魅力だと思います。あと、生物資源学科は学べる範囲がとにかく広く、農学だけでない生物にまつわる総合学習ができ「生物学のすべてがここにある!」と感じます。福井での生活も私にピッタリのようで、毎日理想郷にいるように感じています(笑)。幼い頃の興味は、きっと将来の自分の指針になりますから、皆さんも諦めずに突き通してください。

就職データ

生物資源学科で取得可能な資格・免許状、資格要件が得られるものはこちら

就職データはこちら

研究領域の紹介

※各研究領域のページに移動します

応用生化学研究領域

分子機能科学研究領域

分子生物学研究領域

植物資源学研究領域


 

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp