生物資源学研究科

陸・水圏の生物資源を社会の持続可能性に役立てる

生物資源学研究科長/博士(農学) 横山 芳博

 本研究科は、陸・水圏の生物資源をそれぞれ対象とする生物資源学専攻および海洋生物資源学専攻からなり、諸問題の解決に向けて、多様な領域にわたって生物資源に関わる教育と研究を行います。真理探求の精神、広い視野、豊かな創造力を持つ人材の育成を目指しながら、多彩な教員と最新の実験設備の下で、実践力を養い、陸・水圏の生物資源の開発と応用、生物機能の解明と応用、それらの生物を育む環境の特性解明と保全に挑戦します。

研究内容

生物資源学専攻(博士前期課程・博士後期課程)

豊かな自然に囲まれた地域特性を活かし、微生物、動物、植物を含む多様な生物資源を作出・開発したり、これらの生物資源を素材とする遺伝子、酵素・タンパク質、代謝産物など分子レベルで生物機能を解明し、これらの成果に基づく応用開発を行います。加えて、有用微生物や食品の機能性について探求し、暮らしに役立てる実学志向の研究を実施し、環境との調和を考える上で重要な植物資源の保護や古生物学なども研究しています。

海洋生物資源学専攻(博士前期課程・博士後期課程)

日本海・若狭湾など大学を取り巻く多様性に満ちた海域をフィールドに海洋生物資源の持続的な利用を目指して多角的な調査研究を実施します。魚介類や藻類など海洋生物の生理・生態に関する基礎的研究とともに、有用資源の増養殖に関する研究、海洋環境やその保全に関する研究を行います。加えて、海洋生物の原料学的特性の解明、新機能性食品開発などの応用・開発研究を行います。
 

研究紹介

 塩野准教授

塩野 克宏 准教授 (生物資源学専攻)

植物の適応応答からこれからの環境対応へ  

 動き回ることができない植物は、刻々と変化していく環境にあわせた適応応答をしています。植物の適応応答に関わる分子や植物をとりまく環境を時空間的に可視化する最新技術をつかって、植物のしなやかな適応応答の理解を試みています。
 この研究により植物の環境応答メカニズムを理解することは、これからの気候変動に対応できる作物の品種改良に応用できます。植物をとりまく環境のイメージング、センシング技術の開発は化学的、工学的な分野への応用も可能です。
 

長期履修制度

 職業を有している等の事情により、2年(後期課程は3年)では履修が困難な場合、2年(同3年)分の授業料で3年または4年(同4年、5年または6年)かけて履修することができます。

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp