応用生化学研究領域

研究内容

応用生化学、特に構造生物学に基づく生体機能の解明とその工学的応用に関する基礎研究を行っている。主な研究 としては、タンパク質酵素X線結晶構造解析タンパク質工学的機能改変、それらに基づく分子素子の設計、高感度分析法やバイオセンサの開発およびバイオ電池の開発、生体膜モデル系界面における生物電気化学的基礎研究とその応用に関する研究などが挙げられる。

タンパク質科学分野

本研究室では、食品・医薬・化成品など様々な分野で利用される酵素の構造解析や機能改変について研究しています。例えば、牛乳を凝固する酵素を低温で働かせ植物乳酸菌を利用することで、風味豊かなチーズを生産者と共同開発しています。

日竎隆雄  教授 |  研究内容 / 教員情報 / researchmap

伊藤貴文 教授 |  研究内容 / 教員情報 / researchmap

向山 厚 准教授 | 研究内容 /  研究室HP / 教員情報 / researchmap

黒川洋一 講師 |  研究内容 / 教員情報 / researchmap

生物分析化学分野

医薬品、化学品、環境・健康の指標となる物質を対象として、それらの分析や単離精製の方法をつくっています。また、特定の機能の評価方法をつくると同時に、新しい応用を見出す試みも行っています。

片野 肇  教授 |  研究内容 / 教員情報 / researchmap

植松宏平 准教授 |  研究内容 / 教員情報 / researchmap

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp