広報・地域連携共同研究・受託研究・奨学寄附金など

福井県立大学では、地域連携・産学官連携の取り組みを進めています。
講演、共同研究などのご希望ありましたら、事務局経営戦略課または研究推進課までお気軽にお問い合わせください。
各教員が対応できる分野、テーマについては、 教員研究情報 をご覧ください。
なお、これらの業務については一定の条件を設けています。都合によりお受けできないことがありますのでご了承ください。

共同研究

民間企業・団体等からの研究経費(または研究員と研究経費)を受入れ、本学の教員と民間企業・団体等の研究者が共通の題目について共同して行う研究です。
研究成果については、原則として福井県立大学と当該企業・団体等との共有になります。

受託研究

民間企業・団体等から委託を受けて、本学の教員が公務として行う研究です。原則として、当該研究に直接必要となる経費に加え、所定の間接経費をご負担いただきます。
研究成果については、原則として福井県立大学に帰属しますが、委託企業・団体に対し、10年を超えない期間、優先的実施権を与えることがあります。

知的財産ポリシー

福井県立大学は、2007年4月から公立大学法人になり、本学における知的財産の効果的な創出、保護、管理及び活用についての方針を知的財産ポリシーとして定めました。このことにより、本学で生まれた知的財産は、原則として、大学への機関帰属となります。これにより、大学が組織として、知的財産の出願・権利化・活用等を総合的に進め、社会貢献にいっそう役立てやすくなりました。

奨学寄附金

本学における学術・教育研究の奨励を目的として受け入れる寄附金です。所得税法上の寄付金控除、法人税上の損金算入の特典があります。所定の申込書を提出いただきます。特定の研究分野や教員を指定することができますが、寄付に条件を付すことはできません。

研究活動上の不正行為防止および研究費の不正防止対策について

平成26年8月26日文部科学大臣決定「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」および平成19年2月15日文部科学大臣決定「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成26年2月18日改正)に基づき、研究活動上の不正行為防止および研究費の不正使用防止のための規程等を整備しています。

通報窓口の設置

規程・要領等

基本方針等

その他

CITI Japan プログラム(eラーニング)

福井県立大学での動物実験について

委員等への就任、団体等への派遣・講演

福井県立大学では、教員の委員会の委員等への就任依頼や団体等への派遣、講演依頼を受け付けています。

このページのお問い合わせ先

交流・研究支援部 連携・研究推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線1016 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kenkyu@fpu.ac.jp