看護福祉学部 - 看護学科

学科長からのメッセージ

大川学科長

看護学科長/博士(保健学)
大川 洋子  (おおかわ ようこ)
 

看護リーダーを育てるために

 看護学は誕生から死までの生涯を通して、人々の健康と生活、その人らしく生きることを支える実践の科学です。看護学科では人間として尊厳をもって生きる生活者であることを基盤に、健康と疾病の成り立ち、一人ひとりの暮らしと環境、地域社会のケアシステムと保障制度などを深く理解し、人々のいのち・暮らしを支える看護実践力を育成します。変革する社会に敏感で創造性をもって看護の専門性と役割を発揮できる能力を身につけ、看護のリーダーになり得る人材を輩出しています。看護の実践者としての自分の輪郭をみつけてみませんか。

看護学科の特徴

経験豊富な教員による少人数教育

 経験豊かな教員が、マンツーマン方式の少人数教育で指導します。人権尊重と擁護を根幹とするヒューマンケアの理念に基づき、看護の知識と技術、倫理観に裏付けられた実践力を育成します。

専門職体験と人間的成長につながる実習体験

 実習では福井県立病院をはじめとする総合病院、訪問看護ステーション、老健施設、県や市町の行政機関など、様々な現場で学びます。患者・家族に関わり看護を体験する実習は、学生に専門職としての自覚と人間的成長を促します。

看護師国家試験の高い合格率と保健師・養護教諭への道

 看護師国家試験の合格率は高い水準にあります。また、選択によって保健師国家試験受験資格、養護教諭一種免許状を取得することができます。

看護学科のカリキュラム

看護学科カリキュラム(新しいウィンドウが開きます)

 

在学生インタビュー

在学生・高嶋聖花さん

高嶋 聖花 さん
福井県立藤島高等学校出身

自分が考えたことを実践しきちんと振り返り、次に生かす

 私は福井が大好きで、「地元に残りたい」「福井で看護師をしたい」という気持ちが強かったので、進学先は福井県内と決めていました。そのうえで比較検討したところ、県大は看護師だけでなく保健師・養護教諭の資格も取得できると知り、「将来の選択肢が広がりそうだな」と思い選びました。
 実習がたくさんあってどれも大変ですが、その分学ぶことも多いです。中でも印象深かったのは「老年看護実習」。私は、地域の高齢者の方を支えたいという思いがあって看護師を目指しているので、実際現場に立ってみて、「社会全体が高齢化する中で、自分が学ぶことで役に立てれば」とより強く感じるようになりました。また病院だけでなく、様々な職場で活躍できることも分かり、施設や訪問看護の重要性を痛感できたことも収穫でした。
 一昨年は初の試みとしてフィンドレー大学(アメリカ)の看護学生と3週間の交流が行われたのですが、これもすごく良い経験になりました。足浴などの演習などをはじめ、言語・看護交流などができたのは、お互いに刺激になったと感じています。
 看護学科は1学年の人数が少ないのでみんな仲が良く、先生方も手厚く指導してくれます。気軽に悩み相談もできる雰囲気で、学ぶには申し分のない環境だと思います。看護に興味のある人はぜひ一緒に学びましょう!

就職データ

看護学科で取得可能な資格・免許状はこちら

就職データはこちら

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp