看護福祉学部 - 社会福祉学科

学科長からのメッセージ

吉川学科長

社会福祉学科長/修士(社会学)
吉川 公章  (よしかわ きみあき)
 

他者の暮らしや人生とかかわり合っていく

 私たちは生活の中で、自分の力だけでは解決が難しい出来事に出会うことがあります。社会福祉は、発達・育児・加齢・介護・疾病・障害・貧困・虐待などによる様々な生活のしづらさに直面する人びとがそこから回復し、新たな成長や自立を実現することを支えるために、仕組みをつくり、支援を行なっていくことを使命としています。
 他者の暮らしや人生とかかわり合うために自分自身をふり返る力を養い、生活のしづらさを個人と環境・社会との関係から捉え、個人の尊厳を尊重し、人々の権利を擁護し、社会正義の実現を図り、多様な人々がつながりあって暮らして行くことができる地域社会を創造するための知識と技能を学びます。

社会福祉学科の特徴

看護学科との共通関連科目により医療・保健の知識も修得

 健康の概念や病気・障害の特性を知っておくことは、社会福祉士や精神保健福祉士が相談・援助活動を行ううえできわめて有用です。看護学科との共通関連科目により、実践で役立つそれらの知識を幅広く得ることができます。

少人数教育できめ細やかに学修指導

 徹底した少人数方式で指導します。多彩な専門分野の教員が学生の個性を尊重しながら、福祉現場での実習から卒業研究、資格取得まできめ細やかに学修指導を行います。

社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験受験資格、教員免許状の取得

 社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験受験資格を取得することが可能です。さらに教職課程を選択すれば、高等学校教諭一種免許状(福祉)を取得することができます。
 

社会福祉学科のカリキュラム

社会福祉学科カリキュラム(新しいウィンドウが開きます)

 

在学生インタビュー

在学生・亀山綾音さん

亀山 綾音 さん
北陸高等学校(福井県)出身

広く社会を支えたい!人との関わりから多くを学べる学問

 もともと子供が好きで、保育士など人と関わる仕事がしたいと思い、社会福祉学科を選びました。オープンキャンパスの雰囲気も良く、学科の人数が少ないというのも私にとっては魅力的でした。昨年度は吉川先生のゼミで「クライアントと関わるときにどういう姿勢が必要か」などのソーシャルワーク援助関係の原則を学びました。これは、実際に患者さんや利用者の方と関わるときに自分の行動指針となるものなので、特にしっかり学びました。吉川先生のゼミは難しい内容も多いのですが、患者さんとの向き合い方をきちんと身につけたかったので選びました。
 入学前、「福祉」といえば「介護」のイメージでしたが、実習を経験してみて、広範囲に日々の生活全般に関わるものだと分かり、今は子供に限らず医療や精神保健の分野で色んな人と関わり、支援したい!という気持ちが強くなりました。
 社会福祉学科は少人数制です。そのため先生方が親身にフォローしてくれるので、分からないことはすぐに質問し解決できます。同学年はもちろん、先輩方も優しい人ばかりで、様々な交流を通して実習などのアドバイスをもらえるのも本当にありがたいです。また社会福祉は適応範囲が広い学問なので、私の興味・関心・視野が広がったことも有益でした。同じ学科の仲間も多様な考え方を持っていて、この学科を選んで本当に良かったです。

就職データ

社会福祉学科で取得可能な資格・免許状はこちら

就職データはこちら

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp