生物資源学部

生物資源学部の紹介


学部説明図

生物資源学部の特長

・歴史と文化が薫る知の拠点「永平寺キャンパス」にある生物資源学科、自然環境豊かな「あわらキャンパス」に新設された創造農学科の2学科体制。

 ・創造農学科では、農に関するスキルや知識だけでなく、リーダーシップやマネージメント等に関して実践的に学び、農のジェネラリストを育成しています。

・生物資源学科では、動植物や微生物など生物の資源利用に関わる自然科学を幅広く学び、食や生命、環境に配慮したものづくりに活用できる人材を育成しています。

・優れた研究施設と少人数教育により豊かな学びの場を提供しています。

・研究成果を広く世界に発信するとともに、福井県全体をキャンパスとする実践的な学びを通して地域社会に成果を還元しています。

seibutsushigen-gakka souzounou-gakka


学部長挨拶

日び学部長

生物資源学部長/博士(農学)
日竎 隆雄 (ひび たかお)

生物に学び、暮らしを豊かに

21世紀の社会は、持続可能な社会づくりに向けて、これまでの人間中心のものづくりではなく、自然や生態系との共生に基づくものづくりを求めています。生物資源学部では、生物に学んだ優れた素材や機能性食品の開発、農業生産や環境適応に優れた植物品種の開発、それらを支える分析技術や、微生物に学んだ環境浄化技術、さらに生態系に学ぶ環境保全技術等の分野で先端的研究を実施、地域社会に成果を還元しています。さらに、これらの生物に学び暮らしを豊かにする技術や材の研究開発を通して、地域の持続可能性を担う人材を育てます。
 

生物資源学科のページへ

創造農学科のページへ

生物資源学科および生物資源学専攻の専用ページへ
 

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp