生物資源学部 - 生物資源学科

seibutsu-top

トピックス


seibutsushigen-gakka

学科長からのメッセージ

村上学科長

生物資源学科長/博士(薬学)
村上 茂(むらかみ しげる)

生物資源で未来を変えよう!

本学科では、地球規模で問題解決が求められている食、生命、環境の分野で、植物、微生物、動物について、個体から遺伝子レベルまで、さまざまな視点で知識と技術を学ぶことができます。研究では、身の回りにある「生物資源」を活用し、社会で役立つ取り組みを進めています。少人数教育という恵まれた環境の中で、農業、食品、医薬、化学、環境分野で社
会に貢献できる人を育てていきます。

学びのポイント

多彩な教員による少人数教育

教員1名あたりの学生数が約2名の少人数教育により、密度の高い研究指導を受けることができます。研究領域も応用生化学、分子機能科学、分子生物学、植物資源学と広く、各自の興味に合ったテーマで卒業研究が行えます。

最新の装置および充実した実験施設

質量分析装置や遺伝子解析装置といった最新の実験装置を有し、圃場、動物実験・大量培養施設を活用して研究・教育を行っています。また、産官学連携拠点としてバイオインキュベーションセンターも有しています。

研究成果の発信を通じた深い学び

化学・生物の基礎・応用研究を推進し、世界に向けて研究成果を発信しています。学生の学会発表にも力を入れ、彼らが発表賞などを受賞することも少なくありません。こうした機会は大学生活をより充実させるものとなります。

カリキュラム

生物資源学科カリキュラム
(新しいウィンドウが開きます)

PICK UP CLASS

世界で1つだけの花を創る

遺伝資源学分野(植物資源学研究領域)
風間 裕介 教授

重イオンビームという特殊な放射線を植物に照射して突然変異を誘発し、新しい色や形の花をつける「世界で1つだけの花」を作り出しています。高性能の人工気象器を用いて1年中同じ条件で植物を栽培できるため、突然変異体のわずかな色や形の違いも見出すことができます。世界で1つだけの花は、それ自体が新品種の候補になるだけでなく、花の色や形を決める遺伝子を調べる研究にも役立ちます。

遺伝資源学分野

微生物を活用したものづくりに挑む

応用微生物学分野(新しいウィンドウが開きます)(分子機能科学領域)
濱野 吉十 教授

微生物は、紀元前の古来より人類と深く関わってきました。しかし、微生物が学問体系として成立したのは近代になってから。生化学や分子生物学の礎となるだけでなく、バイオテクノロジーの中核を担ってきた微生物学。学生達はその幅広い知識を体系的に学び、微生物を活用したものづくりに挑んでいます。地球上の様々な課題を微生物機能で解決したい。それが我々の目標です。

応用微生物学分野

酵素の力で新しいライフスタイルを

応用生化学研究領域
日竎 隆雄 教授

本研究室では、食品・医薬・化成品など様々な産業分野で利用される酵素の分子構造解析や機能改変について研究しています。例えば、牛乳の酵素凝固を低温化することで、植物乳酸菌で発酵可能な、機能性食品として期待される新しいチーズを生産者と共同開発しています。また、微生物バイオフィルムの生産や分解に関わる酵素の研究は、環境に優しい生分解性プラスチックや廃水処理など、新たな生活様式に適した材の開発へとつながります。

応用生化学研究領域
 

在学生の声

充実した設備と学修環境でアットホームに楽しく学べる!

坪谷さん

坪谷 香菜絵 さん(福井県立藤島高等学校 出身)

もともと地元での進学希望で、県大の生物資源学科で行われている人の健康に役立つ研究に興味を惹かれ、県大を選びました。また、教員1人あたりの学生数が約2人という少人数教育に惹かれたというのもあります。
今は機能食品学研究室で、認知症をはじめとした神経変性疾患の予防についての研究を行っており、卒業後は大学院に進学してさらに研究を深めていく予定です。将来についてはまだ漠然としていますが、研究を活かして人の病気の予防に役立つことがしたいと思っています。
生物資源学科は学年あたりの人数が少なく、学年ごとに担任の先生がいるので、手厚い指導を受けることができ、相談しやすい環境があります。私も、進路について親身に相談にのっていただきました。また設備も充実していて、少人数制のおかげでみんなが実験器具に触れることができるので、深い学びを得られることも魅力です。
大学周辺も落ち着いた雰囲気でのびのびと楽しい大学生活を送ることができます。同じ学科の同級生は高校のクラスメイトのようで、アットホームな雰囲気で毎日が楽しいですよ。ぜひ一緒に楽しく学びましょう!

就職データ

生物資源学科で取得可能な資格・免許状、資格要件が得られるものはこちら

就職データはこちら

研究領域の紹介

※各研究領域のページに移動します

応用生化学研究領域

分子機能科学研究領域

分子生物学研究領域

植物資源学研究領域

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp