生物資源学部 - 生物資源学科

seibutsu-top

学科長からのメッセージ

村上学科長

生物資源学科長/博士(薬学)
村上 茂(むらかみ しげる)

生物資源で未来を変えよう!

本学科では、地球規模で問題解決が求められている食、生命、環境の分野で、植物、微生物、動物について、個体から遺伝子レベルまで、さまざまな視点で知識と技術を学ぶことができます。研究では、身の回りにある「生物資源」を活用し、社会で役立つ取り組みを進めています。少人数教育という恵まれた環境の中で、農業、食品、医薬、化学、環境分野で社会に貢献できる人を育てていきます。
 

学びのポイント

多彩な教員による少人数教育

教員1名あたりの学生数が約2名の少人数教育により、密度の高い研究指導を受けることができます。企業での勤務経験を持つ教員もおり、応用生化学、分子機能科学、分子生物学、植物資源学と幅広い領域で、各自の興味に合ったテーマで卒業研究が行えます。

最新の実験装置と充実した設備

質量分析装置や遺伝子解析装置といった最新の実験装置があり、圃場、大量培養施設、実験動物施設などを活用して研究・教育を行っています。また、産官学連携拠点としてバイオインキュベーションセンターも有しています。

研究成果の発信を通じた深い学び

化学・生物の基礎、および応用研究を推進し、世界に向けて研究成果を発信しています。学生の学会発表も盛んで、優秀賞や発表賞などを受賞することも少なくありません。こうした機会は大学生活をより充実させるものとなります。

生物イメージ1 生物イメージ2

カリキュラム

生物カリキュラム2023
 

PICK UP CLASS

タンパク質科学分野(応用生化学領域)

日竎  隆雄 教授/伊藤  貴文 教授/黒川  洋一 講師

本研究室では、食品・医薬・化成品など様々な分野で利用される酵素の構造解析や機能改変について研究しています。例えば、牛乳を凝固する酵素を低温で働かせ植物乳酸菌を利用することで、風味豊かなチーズを生産者と共同開発しています。

タンパク質科学分野
 

食品機能科学分野(分子機能科学領域)

村上  茂 特命教授/伊藤  崇志 教授/高橋  正和 准教授

食品機能科学分野では食による健康・長寿社会の実現をめざし、地域特産農作物・海産物の健康増進効果や疾患予防効果の解明を行っています。これらの研究を通して、県内特産物の付加価値を発見し、地域の活性化に貢献していきます。

食品機能科学分野
 

植物分子機能学分野(分子生物学研究領域)

篠原 秀文 准教授/林  潤 講師

植物分子機能学研究分野では、多彩な植物を使って、ゲノム中の機能未知な遺伝子のはたらきを解明する研究を行っています。生命の根源である遺伝子の機能解明という基礎的研究を通じて、植物の生長を分子レベルで理解し、応用に繋げることを目指しています。

植物分子機能学分野

植物遺伝資源学分野(植物資源学研究領域)

 風間  裕介 教授/池田  美穂 准教授/西嶋  遼 助教

自然界に存在する多種多様な穀物(特にコムギ)や花きとその近縁野生種などを採取し、それらの遺伝資源を用いて有用遺伝子を同定しています。また、重イオンビームを用いた新たな遺伝資源の創出も行っています。

植物遺伝資源学分野
 

生物分析化学分野(応用生化学領域)

 片野 肇 教授/植松 宏平 准教授

医薬品、化学品、環境・健康の指標となる物質を対象として、それらの分析や単離精製の方法をつくっています。また、特定の機能の評価方法をつくると同時に、新しい応用を見出す試みも行っています。

生物分析化学分野
 

応用微生物学分野(新しいウィンドウが開きます)(分子機能科学領域)

濱野  吉十 教授/丸山  千登勢 准教授/長谷部  文人 助教

微生物学は、生化学や分子生物学の礎となるだけでなく、バイオテクノロジーの中核を担っています。応用微生物学分野ではその幅広い知識を学ぶことで、微生物が持つ未知な機能の解明や、微生物を活用したものづくりに挑んでいます。

応用微生物学分野
 

植物病理学分野(分子生物学研究領域)

仲下  英雄 教授/石川 敦司 教授/加藤  久晴 准教授

植物と病原菌との相互作用を分子レベルで解明することを目指しています。特に、相互作用を制御する遺伝子やタンパク質に着目し、その機能解明を行い、有用作物の創出ならびに農作物の栽培・保護の基盤技術開発への貢献を目指しています。

植物病理学分野
 

環境植物学分野(植物資源学研究領域)

深尾  武司 教授/塩野  克宏 准教授/角田  智詞 准教授

環境植物学分野では、気候変動に負けない植物の開発や環境保全に配慮した新たな栽培法の確立を目指し、植物と環境の相互作用のメカニズムを生理、生態、分子生物学的手法を駆使して研究しています。

環境植物学分野
 

TOPICS

地域生物生産実習での学び

実際の研究開発や製造について学ぶ授業として「地域生物生産実習」があります。県農業試験場や県食品加工研究所など地域の研究機関、民間企業の研究開発や製造部門を訪問し、研究がどのように行われ生産に結びついてくかを学びます。本授業は卒業後の進路を考える機会も提供しています。

地域生物生産実習
 

就職データ

生物資源学科で取得可能な資格・免許状、資格要件が得られるものはこちら

就職データはこちら
 

研究領域の紹介

※各研究領域のページに移動します

応用生化学研究領域

分子機能科学研究領域

分子生物学研究領域

植物資源学研究領域

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp