学籍(休退復学申請、住所等変更手続き)について

はじめに

休学・復学・退学には、大学の許可が必要です。

また、提出にあたり事前に保証人および各学部の相談担当教員またはCSWと相談が必要です。(学生生活の相談窓口のページはこちら

時間を要しますので、余裕をもって手続きを進めてください。

休学

疾病その他やむを得ない事由により、引き続き2ヶ月以上修学することができない場合は、あらかじめ各学部の相談担当教員またはCSW等へ相談後、休学しようとする日より前に、休学願をメールまた郵送、もしくは持参で就職・生活支援課まで提出してください。

学期の初めからの休学を希望する場合は、新しい学期が始まる前に(前期の場合3月中、後期の場合9月中)、提出してください。

休学願を提出し、学長の許可を得て休学した場合の授業料は、以下のとおりです。

  • 前期または後期の途中で休学する場合
    当該期の授業料は免除されません。
  • 前期または後期の全期間を休学する場合
    当該期の授業料は免除されます。

ただし、前期にあっては4月中から学期末まで、後期にあっては10月中から学期末までの休学が許可された場合には、休学した日の翌月からの授業料は免除されます。

退学

疾病その他やむを得ない事由により、退学しようとする場合は、あらかじめ各学部の相談担当教員またはCSW等へ相談後、 退学しようとする日より前に、退学願をメールまた郵送、もしくは持参で就職・生活支援課まで提出してください。

退学願を提出し、学長の許可を得て退学した場合の授業料は、以下のとおりです。

  • 前期末をもって退学する場合
    後期からの授業料は免除されます。
  • 前期または後期の途中で退学の場合
    退学した日の翌月からの授業料は免除されます。
    納入された授業料のうち、免除分の授業料を返還します。
  1. 休学期間は、卒業・修了の要件としての修業年限に含まれません。
  2. 休学、退学が許可されるためには、それまでに当該期の授業料が納入済みでなければなりません。

復学

休学しているものが復学しようとする場合は、あらかじめ各学部の相談担当教員またはCSW等へ相談後 、定められた期限までに、復学願をメールまた郵送、もしくは持参で就職・生活支援課まで提出してください。

身上の異動 -氏名・住所・連絡先の変更等 -

学生および保証人の住所、氏名、連絡先等に変更が生じた場合は、速やかに身上異動届をメールまた郵送、もしくは持参で就職・生活支援課まで提出してください。

【Word版】(様式)身上異動届(ワード形式 30キロバイト)

【PDF版】(様式)身上異動届(PDF形式 61キロバイト)

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 就職・生活支援課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : fpu-gakusei@fpu.ac.jp