学生生活授業料・授業料免除

授業料の額(平成29年4月1日現在)

  • 年額 535,800円
    • 前期分 267,900円 (納入期限5月12日)
    • 後期分 267,900円 (納入期限11月12日)

    ※在学中に授業料の改定が行われた場合には、改定時から新授業料が適用されます。


納入方法

  • 授業料は前期と後期の2回に分けて納入してください。

  • 入学年度の前期授業料は、入学式当日に配布する「振込依頼書」によって、納入期限までに金融機関で納入してください。

  • 2013年度入学生から、原則として、「預金口座からの自動引き落とし」により授業料を徴収します。(入学初年度は後期からとなります。)
     引落日は、各学期始めのオリエンテーションでお知らせするほか、掲示板、口座振替通知書でもお知らせしますので、引落日の前日までに口座に入金しておいてください。
     減免・徴収猶予申請をした人、残高不足等により預金引き落としができなかった人には、「振込依頼書」を発行しますので、金融機関窓口で納入してください。
     なお、2012年度以前に入学した学生については、これまでどおりオリエンテーションで「振込依頼書」を配布しますので、金融機関の窓口で納入してください。

  • 福井銀行本支店の窓口で振込依頼書を使って振り込む場合は、振込手数料は必要ありませんが、福井銀行本支店以外から振り込む場合の振込手数料は納入者の負担となります。

  • 平成19年1月からの法改正に伴い、銀行窓口での10万円を超える現金振込の場合は、振込手続きを行う方の本人確認(運転免許証・健康保険証など)の提示が必要になりましたので、ご注意ください。

  • 郵便局での納入、大学窓口での納入はできませんのでご了承ください。

  • 授業料を期間内に納入しない場合は、学則に基づき除籍となり、学生の身分を失うことになりますので注意してください。

授業料の免除

  • 経済的理由によって授業料の納入が困難であり、かつ、学業成績が優秀であると認められる学生は、授業料の免除を受けることができます。
  • 授業料の免除を希望する学生は、別に定める日までに、授業料免除申請書を学生カウンター(管理棟1階)へ提出してください(この場合、日本学生支援機構が実施する奨学金貸与制度についても申請してください。)。

授業料の徴収猶予

  • 経済的理由によって授業料の納入が困難であると認められる学生は、授業料の徴収猶予(納入期限の延期)を受けることができます。
  • 授業料の徴収猶予を希望する場合は、別に定める日までに、授業料徴収猶予申請書を学生カウンター(管理棟1階)へ提出してください。

休学期間の授業料

休学願を提出し、学長の許可を得て休学した場合の授業料は次のとおりです。

  • 前期または後期の途中で休学の場合  当該期の授業料を徴収する。
  • 前期または後期の全期間を休学の場合  当該期の授業料は徴収しない。
ただし、前期にあっては4月中、後期にあっては10月中より休学となった場合には、納入された授業料の一部を還付します。

特待生

  • 学業成績が特に優れ、かつ、人物が優秀であると認められる各学科1名(経済学部は2名)の学生を各学期の特待生とします(ただし、1年次生は除く)。
  • 特待生に決定された学生には、奨学金10万円が交付されます。

このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 就職・生活支援課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線1027 FAX : 0776-61-6012
E-mail : fpu-gakusei@fpu.ac.jp